熟成ワインをいただく

秋の夜長、古いアルバムを開いて、年代物のワインのように“熟成された写真”を楽しんでみてはいかがですか。今は亡き母のかなり傷んだアルバムを手に取ると、ポトリと袋が落ちた。袋の中には母が生きた昭和の時代とは明らかに違う。明治?正装した老若男女。男性は紋付袴、女性は五つ紋留袖か、髪は日本髪。胸に筥迫を入れているのは花嫁か?これから婚礼のため実家を出る、水入らずの最後の写真となる。両側が両親でその反対側、父の横に座している女人は花嫁の未婚の姉妹とみる、留袖ではないからだ。楽しい、物語が観えてくる・・・。